こだまでしょうか?

漫画や映画やゲームの感想や考察

【時事】成宮寛貴引退について

 
コカイン疑惑が報道された成宮寛貴が芸能界を引退すると発表された。事務所が7日付の尿検査で陰性だったと発表しているが、72時間以内くらいのコカイン使用でしか陽性が出なそうな気がする(コカイン尿検査は一ヶ月範囲で陽性でるとかいうすごいやつだったらごめんね)のでなんの証拠にもなってない。現状実際にやっちゃったかはどちらとも言えない状況。(2016/12/9 現在) 毛髪検査という三ヶ月ほど遡って確かめられるものがあるそうなのでそれの結果が待ち望まれる。
いま現在進行形でこれを報じた週刊フライデーがぶっ叩かれてる。
 
 
 
ホントにやっちゃったにせよやってなかったにせよ逃げるのは全然悪くない選択肢だとは思うし、僕は成宮に詳しいわけではないが彼の演技は好きだったので引退は残念。ただ、なんだかなぁという感じ。
 
まずあの直筆の引退コメント。早々に自分が被害者になることで世の同情を得ようとしてるように感じてしまった。実際現情は成宮擁護が九割以上だしね。わざわざ手書きで公開し、「裏切られた」、「罠に嵌められた」等々被害者側だということを殊更強調した文章に見えちゃったんだよ、、ここで引退すればやっちゃったことが明確になりずらい上世間を味方につけることができる、だから引退しよう的な。
 
また、成宮ファンが上げてる「家庭環境が厳しいなか弟の為に頑張ったのに可哀想」ってのにもなぁ。それ程の逆境を跳ね除けてのし上がってきた人物が未だ疑惑の域を出ないこの程度の報道で引退するかなぁという疑問がある。もちろんメディアの心無い追求や世の中の好奇の目を跳ね除け戦うのは想像するだけでは分からない程しんどいものであろうというのは理解はできるし僕なら耐えきれないだろう。きっぱりと疑惑を晴らせばまだ全然やっていけるのに、ここで引退するかって感じ。(セクシュアリティの、非常にデリケート話も関わってくることは分かっているつもりです。)
 
「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」という有名な言葉がある。今SNS上では「フライデーは人の人生をなんだと思っているんだっ!」っていう怒号が飛び交っているが、これが誤報だとしたら週刊フライデー、ひいては講談社側もタダではすまない。編集長クラスの数人は責任問題になるだろう。こういうのを叩く層と購読層が全然違いそうなことを考えると売り上げが落ちるとかかは分からないが、かなりのリスクを背負った上での報道なんじゃないだろうか、と思ったりする。
 
 
 
色々釈然としない気分だ。
 
 
(追記:誤報だった時の賠償金より売上の方が高いから全然リスキーじゃないみたいなことを友達が言っててなるほどと思いました。ていうか週刊誌ってグレーなこと報じる場所だから責任問題とかにもならないのかもね。)
 

【遊戯王】覇王龍ズァークの効果を考える

エクストリームアニメとして名を馳せるアニメ「遊戯王ARC」。その中で(おそらく)ボスキャラであるズァークが使うと思われる「覇王龍ズァーク」。公式サイトでそのカードの存在が公開されていたり、他のカードの効果テキストに名指しで登場しているにも関わらず未だに効果が公開されていない。今回はその効果を考えてみる。

f:id:balflear0527:20161204165057j:plain

↑9期ラストパックの表紙内定済

 

確定している内容

・融合モンスターであること
効果モンスターの方が設定にあってる感じはあるけど融合の方がOCG的には便利そうだししょうがないね。
 
 

恐らく確かである内容

・闇属性
 
アニメの描写みるに闇だと思われる
 

・ドラゴン族

説明するまでもないしょう。
 

・レベル12

ボスキャラのエースはレベル12だよね。

 

・召喚制限

「このカードは上記素材を融合素材にした融合召喚もしくは「アストログラフ・マジシャン」「クロノグラフ・マジシャン」の効果でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。」
上の効果文はコンマイ語詳しくないから結構適当ですごめんなさい。ただこんな感じの制限はつくでしょう。デビフラで出せたらそれはそれで楽しそうだけど。
 

・攻守が50005000

ラスボスのエースはこれくらいあってもらわないと。

 

搭載されるかもしれない強力な効果

 

パーミッション

 
ex 〈シューティング・クェーサー・ドラゴン〉
制圧力の高い強力な効果。これが書いてある人々は大抵強い。ただズァークの「破壊」のイメージにそぐわないことから搭載される可能性は低いかなぁ。魔法罠のみの限定搭載なら可能性はあるかもしれない。
 
 

・フリーチェーン除去

 
ex 〈ABCードラゴン・バスター〉
これも制圧力ある。そして同じくイメージに(ry。この効果が一番可能性低いと思う。超大型モンスターの効果じゃないよねフリチェ除去って。
 
 

・超耐性

 
ex〈RRーアルティメット・ファルコン〉
効果を受けなかったり対象にならなかったりする。昔はこの手の効果を持ってるカードにワクワクしたけど最近は乱発されすぎてる感じがしてなんかなぁと個人的には思ってる。耐性系が載ってるとしたら戦闘系とペアかな。最近のコンマイが耐性好きだということを考えると可能性はある。
 

・フィールド手札一掃

 
ex〈混沌帝龍ー終焉の使者
一番可能性が高いと思われる。ズァーク自体がアニメでは世界をぶっ壊した存在として描かれてるわけだし。エラッタ後の混沌帝龍が微妙な感じであることを考えると一掃後もある程度展開が許される制約になるかな。
 
 

・ゴリゴリ戦闘

 
ex〈SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング〉
あんまズァークは脳筋なイメージはないけどこういう系は載せやすい効果だからなぁ。他と抱き合わせで載るかもしれないけど可能性は低い。
 

エクストラデッキ破壊

 
現状例が少ないけど強力な効果。これが簡単にできるようになるとゲーム性が失われると思われる。ズァークの感じにも合ってると思うし他に轟雷帝ザボルグしかいないことを考えるとインパクトのある強烈さだしかなり可能性はあるのではないかと思っている。「召喚成功時、お互いのエクストラデッキから10枚選び、墓地に送る。」出す難易度的にこんくらいいってもらおう。
 
 

結論

 
「フィールド手札一掃系」+破壊された時墓地からor除外されている「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」「シンクロ・ドラゴン」「フュージョン・ドラゴン」モンスターを一体特殊召喚できる。
 
 
現状強力な一掃系モンスターあんまりいないし、この全てを無に帰す感じがズァークにあってる感じがしたのでこれだと思いました。後半の四竜蘇生効果はおまけ。この効果の後効果使えないみたいな厳しい制約がつかないといいね。
 
 【追記】
 ただこれアニメ栄えがなぁ。一掃後は四竜蘇生じゃなくてドラゴン族除外して自己蘇生とかになるかもしれない。

 

 

↓クリックしてくれると嬉しかったりします。 

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

 

【ワールドトリガー】B級ランク戦ROUND7 考察

お久しぶりです。寒くなってきました。

今週の本誌は全体的に面白い展開ばっかでしたね〜。サンジVSルフィ、蛍くんの害悪戦法(個人的にはなしだと思いました)、一気にイケメン化したオタク宰相、そしてワートリの旧ボーダーショック、、、
満足度高かったです。
 
(追記:気づいたらも次のジャンプ出てましたw)
 
 
今回は楽しみなマッチアップになったワートリのB級ランク戦ROUND7について考えたいと思います。スポーツ漫画なら県大会準決勝みたいな感じですかね。
 

f:id:balflear0527:20161103105422j:plain

 

 

 

果たして本当に遠征部隊に選ばれる(B級2位以内に入る)のか?

f:id:balflear0527:20161103105439j:plain

(上の写真からすでに一試合終わってるのであと二試合です)
 
根本的な話。修達はB級2位以内に入るのか?
ほとんどの人は入ることを疑ってないし、どうやって二宮隊、影浦隊を攻略するのかワクワクしてると思うが、一歩立ち止まって考えたい。
 
まず玉狛第二がB級2位以内に入れなくても、チカ(トリオン要員)、遊真(B級個人選抜、黒トリ所持者)、ヒュース(案内人)として他の3人は遠征に帯同すると考えられる。だから問題は修がついていけるかどうか。
 
修が残ることによるメリット
 
ワールドトリガーの漫画としての世界をストイックにできる、主人公補正の効かない世界だということを強く表現出来る
・残ったボーダー側の動きをより大きく描ける。サブの話としてたまに描くのではなく、同時進行的な形にできる。(これはメリットでもあり、デメリットでもあると思う)
・戦闘時に足手まといにならない。(未知の場所では地力が物言うだろうし。唯我も多分付いてってないよね?)
・ユヅルと千佳、鳩原の絡みが描ける。10000pt越え(おそらく)ということで個人選抜に引っかかる可能性もあるけど。
 
(追記:個人選抜で行く流れですね、、、)
 
修が遠征に行くことのメリット
 
・A級とのランク戦を描ける。(A級+B級1位2位による選抜試験)
・修の他の隊員との様々な絡みを描ける。
・修が遠征の経験を経て大きく実力的にも精神的にも大きく成長する。
 
書いてて思ったけどこれは遠征自体について詳しく判明してない状況ではあまり言えることは少ないな、、本国防衛にも戦力を割かないといけない中、A級からは何部隊連れてくのか、黒トリは何本持っていくのか。R8終了後に詳しく語られると思うけど楽しみだ。

 

各チームについて 

(説明要らないかもしれないけど本誌のみでうろ覚えの方へってことで)

 

玉狛第二(三雲隊)

主人公チーム。

f:id:balflear0527:20161103110236p:plain

三雲修(15) シューター
主人公。そして隊長。単体としては圧倒的に弱い。だけど戦術力が高く戦況をコントロールするのが上手いということになっている。スパイダーを使えるようになって今まで以上に狙われるようになった。
 
空閑遊真(15) アタッカー
主人公。この隊のエース。入隊してから日が浅いためポイントは低いがアタッカーランキング4位~6位相当。
 
雨取千佳(14) スナイパー
主人公。トリオン量が圧倒的だが直接人を打てないため、地形破壊アイビスか鉛玉ライトニングとサポ専。
 
ヒュース(16)  アタッカー(オールラウンダー寄り)
アフトクラトル防衛戦でボーダーが獲得した捕虜。利害が一致したため、加入した新星。弧月だけでもアタッカーランキング6位相当の実力がある上に射撃トリガーも使うことにした。遊真との模擬戦は8-12。
 
 
今までの玉狛第二のコンセプトは、「遊真の無双を千佳と修でサポート」だった。千佳のアイビスで相手を修のワイヤー陣へと追い込み、そこでワイヤーとグラスホッパーによる遊真の機動力と千佳の鉛玉ライトニングで点を取る。修か千佳のどちらかが落ちると成立しない、そして修も千佳も単体だと弱い。いままでは修と千佳が浮いたら(狙われたら)遊真がカバーに入っていた。
 
ただ今回から遊真と同等の戦力であるヒュースが入ったためどうなるか。予想だといままで遊真がこなしていた点取りと修千佳のカバーの内、修千佳のカバーをヒュース、点取りを遊真といった形で分業すると思う。ヒュースのエスクードを見るに。嵐山隊も嵐山が一人で指揮と点取りをしていたのを木虎に点取りをやらせつことで強くなったって言ってたし。

 

鈴鳴第一(来馬隊)

玉狛第二に似てる。

f:id:balflear0527:20161103110954j:plain

来馬辰也(19) ガンナー
隊長。優しい。
 
村上鋼(18) アタッカー
アタッカーランキング4位の強者。12042pt。遊真も勝ち越せてない。弧月とレイガストの二刀流で盾と剣の騎士みたいなスタイル。サイドエフェクト「強化睡眠記憶」ですでに戦ったことのある相手の動きの学習力が高い。
 
別役太一(16) スナイパー
おっちょこちょい。
 
ここも突出したエースががんばる隊。が玉狛第二ほどエース一辺倒ではなく、単体でも頑張っている。来馬と太一は修と千佳よりも単体性能が高く村上も遊真より強いため、R3での戦闘では玉狛第二のほぼ上位互換になっていた(と思った)。上位をキープしているということはR3から何かが変わったのだろう。予想だと(というかR3での太刀川の解説からだと)来馬が一人で格上と渡り合えるようになったんだと思う。太一+来馬で得点できるようになればここかなり強くね!?
 

東隊

育成部隊なのになかなか強い。

f:id:balflear0527:20161103111606j:plain

東春秋(25) スナイパー
ボーダーの重要人物の一人。初めてスナイパーとなり、現在のトップスナイパーは全員この人に教わっている。昔は現在のA級6位、7位、B級1位の隊長を率いてA級1位部隊の隊長もやっていたことがある。戦闘経験、スナイパーとしての実力、戦略眼どれもトップレベルに優秀。対ランバネイン戦では遺憾なくその能力を発揮して撃破へ追い込んだ。ただ東隊としてはコア寺の育成のため駒に徹している。
 
小荒井登(16) アタッカー
前ヅノ持ちで前のめりタイプ。
 
奥寺常幸(16) アタッカー
後ろヅノ持ちで慎重派タイプ。
 
この二人はコア寺と呼ばれるコンビで、単体だとそこまで強くはないが連携のレベルが高く二人で組んで戦う接近戦では格上とも互角以上に戦える。この格上がどこまでかは分からないが、遊真や村上とも互角に戦えると思っている。
 
チームとしてはコア寺の合流→①東さんの射線が通るところまで追い込む②東のサポートでコア寺が点を取る
の二つが基本かな。コア寺は単体でもそれなりには戦えるから合流に失敗しにくしなにより東さんを捕捉して落とすのは至難の技だから安定してチームの型に持ち込めて強いと思う。

 

影浦隊

ヒャッハーをチームでやってる感じ。

f:id:balflear0527:20161103112053p:plain

(↑画質が悪い)
 
影浦雅人(18) アタッカー
村上に勝ち越すレベルのアタッカー。ただ気性が荒く(サイドエフェクトが重い)暴力行為のせいで10000pt減点されているため、ランカーではない。(減点がなければ14780ptで村上より2000pt以上高い)
サイドエフェクト「感情受信体質」により他人から向けられてる感情が肌に刺さる感覚がするらしい。これのおかげでカゲには狙撃をはじめとした不意打ちが通じない。また、マンティスと呼ばれるスコーピオンをしならせる技を使う。そのおかげでアタッカーにしては射程が長い。ちなみに遊真も見真似でこの技を少し使える。試合では作戦を気にせず自由に戦い相手と戦う。
 
 
絵馬ユヅル(14) スナイパー
中学生でトップのポイントを持つスナイパー。緑川が10000pt弱あることを考えると10000pt超えていると思われる。千佳に惚れてる。鉛玉ライトニングを千佳にアドバイスしたのはこいつ。
 
北添尋(18) ガンナー
擲弾銃トリガーを使うため、遠距離へメテオラが撃てる。一応突撃銃トリガーもセットにはあるから接近戦もある程度こなせると思われる。生身だと作中最強クラスらしい。
 
 
ゾエさんがメテオラで場を荒らしたところをカゲが自由に動いて点を取る。R4ではそれが上手く決まっていた。あまり戦術らしきものがなく、各人が自由に戦っている印象。カゲが自由気儘に暴れてるのをユヅルとゾエさんでフォローするのは玉狛第一(第二じゃないよ!)と一緒だけどそれを自覚してやってるかやってないかの違いがあるね。
 
 
 

得点

f:id:balflear0527:20161103112700j:plain

(追記:ユヅルが遠慮せずちゃんと戦う前提の話です。)
 
各所で様々な方が予想なさってるほど深くは考えてない。
現状影浦隊が34pt、玉狛第二が30pt。R7で玉狛がいくら頑張っても2得点、二宮隊や玉狛第二とは別組になるであろうR8では3得点はすると考えると最終的な影浦隊の得点は39pt。玉狛第二は後2戦で10得点以上しなければならない。となると今回は2〜4点+生存点2点で4〜6得点はしたい。もちろん今回の試合で影浦隊の得点を0に抑えられれば、玉狛は2〜3得点でもいいことになる。が現実的に影浦隊の得点を0に抑えるのは不可能だと思う。
今回は
 
玉狛第二が5pt(3pt+生存点)、影浦隊が2pt、東隊が4pt、鈴鳴第一が2pt
玉狛第二が4pt、影浦隊が2pt、東隊が4pt、鈴鳴第一が2pt (全部隊生存点無し)
 
と予想しておく。今回で玉狛と影浦隊の差が2点詰まるのは間違いないでしょー。東さんを落とせれば上、落とせなかったら下かな。

 

フィールド

フィールド選択権は恐らく鈴鳴第一が持つ。(2%くらい東隊)
鈴鳴の強みを生かすフィールドを選ぶか、相手の強みを消すフィールドにするか。
鈴鳴の強みって村上がタイマンならほとんどの相手に勝てるっところだけど今回はカゲがいるから絶対的ではないしなぁ。
というわけで多分他のチームが動きづらいフィールドを選ぶと思います。
 
 
・森林地帯
大本命。R2前にフィールド選択権について言及されたときに出てきたフィールドの中でここだけ唯一まだ選ばれていない。
合流しやすそう。あとスナイパーめっちゃ不利そう。木々で目視できないだろうしそもそもの高台が少なそう。メテオラによる地形破壊も効果が薄そう。つまり東さんと千佳とユヅルとゾエさんを無効かできるかもしれない。十分鈴鳴第一がここを選択するメリットはあるね。
 
・広大な敷地を持つ学校or普通の学校と周り市街地
学校で戦うと本当にサバゲー感出そう。ただ学校での戦いってのはワクワクするよね〜。屋内が多いのがポイントかな〜。(思ったんだけどこれあるなら東隊がR4で市街地Bを選択した意味がわからなくなっちゃう、、)
 
・遊園地
ここでやったら楽しそう。ジェットコースターのレールの上で斬り合うアタッカー陣とか観覧車からの狙撃とか。あとお化け屋敷で東隊のホラー耐性について出せるし。
 
・浜辺
射線きれる障害物がなにもなさそうだからアタッカー不利だね。ありえるとしたら中央が山になった小さめの島フィールドの形式かな。ただスナイパー鉢合わせするよね。

 

 ポイント

・影浦隊をどうやって抑えるか?
(追記:八百長は無し)
今回のランク戦の最大のテーマ。なんだかんだヒュースの加入した玉狛を戦力的に上回っている影浦隊。真面目に影浦隊のこと考えて初めて太刀川隊の強さ分かった気がする。単騎で絶対負けないやついりゃそりゃ負けないわ。他のA級部隊はどうやって太刀川落とそうとしてるんだ?風間隊の連携か当真の瞬間移動かめはめ波的な狙撃でしか落ちない気がする。だから2位3位なんだろうね。
話が逸れた。カゲだけでも厄介なのにゾエさんとユヅルも抑えなきゃいけないというね。特にゾエさんはワイヤー陣に対して最も相性いいし。ゾエさんはメテオラする所を狙撃、ユヅルは遊真のグラホかな。
 
・特にどうやってカゲを抑える、落とすか?
①遊真かヒュースが付きっきり
これだとタイムアップ狙いになるし他の三人で戦っていくにはかなり大変そうだから現実的じゃないかなぁ。
②遊真とヒュースの二人掛かりで一気に落とす
この二人で掛かれば落とせる可能性は高い。ただ、その間に千佳修が耐えられない、遊真とヒュースが連携して戦えるかわからいとこれも未知数。アタッカーの連携って同タイプの戦い方(トリガー構成)じゃないと難しそうだよね。お互いネイバーであることを生かすしかない。
③東さんに落としてもらう
(追記:今週のジャンプで東さんの狙撃はカゲのサイドエフェクトがきかないとの情報が出されたのでこの可能性が高くなった。)
現実的に玉狛の戦力だけでなんとかするのは無理があるので荒船、諏訪戦みたく影浦隊有利の場を作って他の部隊を動かそうって話。
ただフィールド選択権を持たないことと東さんがいることを考えると一筋縄でいかないでしょう。あと影浦隊有利の場ってなんだ?ただ東さんが影浦狙える位置にいる時は多分同時に玉狛の誰かもその位置にいるんだよなぁ。
 
・東さんをどうやって捕捉、落とすか?
玉狛の生存点獲得を阻む壁。東さんがベイルアウトしてる姿は想像できない。至近距離ランバネインから逃げ切ったんだぞこいつ。
:誰かを狙撃した所を遊真がグラスホッパー追跡
:誰かを狙撃した所をユヅルの狙撃
くらいかなぁあるとしたら。どっちも防ぎそうだよね、、。ここは予想しようがないです。葦原先生、楽しみにしてますよ。
 
・ヒュースは初見村上に通用するか?
遊真が初見村上に4-1とリードしてたことを考えると勝てうるけど、葦原先生はそんなアホみたいなキャラの使い方しないだろうからそもそもヒュースと村上のマッチアップの可能性が低い。マッチアップしても、村上の「こいつっ、、」みたなセリフいれてコア寺あたりに乱入されそう。
 
・いままでの戦法は通用するのか?
影浦隊を抑えなきゃいけない以上待ちは使えないし、遊真かヒュースは点取りが出来ない。、、、成立しなくね!?修千佳は逃げに徹した方がいいよなぁ。まあ今回は「点を取る」だけじゃなくて「影浦隊を抑える」ってのもあるからしょうがないね。

 

最終的な予想

開幕後、鈴鳴第一→合流優先 東隊→コア寺で修強襲(グラホ) 影浦隊→メテオラからの好き勝手 玉狛第二→遊真はカゲを抑えに、他は合流
コア寺のどちらかと修との戦闘、そのうちコア寺が揃う
ヒュースが駆けつける、バイパーをうまく使ってコア寺のどちらかを落とす(その間に修は離脱)
東さんの狙撃orゾエさんの適当メテオラでコア寺離脱
カゲ、ユヅルのアシスト込みで遊真を追い込む
そこに合流済鈴鳴が乱入、遊真を落とす
三対二で鈴鳴が押し始めるもメテオラor大砲で場が荒れ、その隙に影浦に来馬が落とされるも置き土産で結構なダメージ、ユヅルも村上の片腕を飛ばす。一同散会。
ユヅルを補足したコア寺(落ちてたら片方)が落とす
ワイヤー陣へのゾエさんメテオラが来る。太一が狙撃するも防がれ、カゲかゾエさんに落とされる。
千佳の大砲でワイヤー陣の残骸に残った人々を集めるも狙っていた東さんに落とされる。
(現時点での残りが村上、カゲ、ゾエさん、東さん、コア寺どちらか、ヒュース、修)
こっからヒュースが修のアシスト込みで頑張って村上とコア寺どちらかとゾエさんを落とす
タイムアップ!

 

まとめと感想

こんなん当たるわけねぇーーー。どっか動かそうとするとどっかが浮いちまう、、。最後の方めっちゃ雑だし。東さんを神格視しすぎてる感もある。予想考えてて思ったのは他の部隊の乱入がないと話すすめられないねってことです。あとスナイパー使えば適当に落としちゃいまいたってできちゃう。点数のこと考えるとわけわからなくなるな。この予想は玉狛の動きが地味すぎるから現実味が、、。
 
あとどこまでが18巻の範囲なんだろう。17巻の表紙は生駒だろうが問題は18、19。村上も東さんもカゲも多分このあとも結構見せ場あるんだよなぁ。なんとなく20巻の表紙は玉狛第二になる気がしてる。
 
ちなみに解説に草壁さんが来そうな予感がしてる。草壁さんと荒船と予想しておく。
 
 
 
 
ここまで読んでくださった方はありがとうございます。楽しみですね〜。

 

【火ノ丸相撲】全国大会個人戦準決勝 天王寺VS草介 考察

f:id:balflear0527:20160903011538j:plain

 
 
久々にジャンプで主人公のライバル同士の熱いバトルが始まった。まさに横綱対決だ。Dio対大統領みたいな感じ。仙道対牧とはちょっと違うかな。まあいい。今回はその考察をしよう。
 
 
 数珠丸?誰それ


f:id:balflear0527:20160903000958j:plain

【基本事項】

久世草介 栄華大付属高校一年生 国宝名:草薙剣
 
最後の日本人横綱大和国」を父に持つ。小学四年生の時に親友を取組で傷つけてしまい、以後父親に草介が試合に出ると他の若い力士の芽を摘んでしまうとのことで公式戦の出場を禁じられていた。しかし新人戦で火ノ丸の取組を見て血が騒ぎ父の言いつけを破って出場し、火ノ丸らを圧倒して優勝。その後高校相撲の頂点に立った後角界入りすると宣言し、この全国大会に出場している。

f:id:balflear0527:20160903005427j:plain

 
天王寺獅童 鳥取白楼高校三年生 国宝名:童子切安綱
 
いまの高校横綱で高校相撲界の頂点に立つ男。火ノ丸の相撲の手本。すでに幕内力士レベルの実力を誇るとされ、高校進学後は公式戦無敗。この大会の初戦ですでに火ノ丸を破っている。
 

f:id:balflear0527:20160903005416j:plain

 

【押さえておきたい点】

・どちらかが必ず勝ち、どちらかがかならず負ける。バトル漫画では引き分け的な終わり方したり乱入等の事情により勝負自体が有耶無耶になってしまう展開が時たまある。が、スポーツのトーナメント大会に引き分けは無い。勝者と敗者が必ず生まれるのだ。ソーマの秋の選抜みたいな準決勝引き分けからの3人決勝みたいなことも無い。あれはあれで良い展開だと思うけど、相撲は三人対戦が出来無いしね。

・キャラの設定的に、天王寺は負けを知っており草介は負けを知らない。

・鬼丸、草薙、三日月宗近童子切大典太光世、数珠丸の他にもう一人国宝がいる。(下の写真参照。この表紙の時点では数珠丸が未登場でシルエット国宝が二人なので、確実にもう一人国宝がいる。)

f:id:balflear0527:20160903001008j:plain

 
・この試合の前の準々決勝で久世はすでに数珠丸さんを蹴散らしてる。見開きで電車道決めてるシーン付きで。読者の期待を背負っていた数珠丸さんをあんな噛ませにしてまで作った草薙の見せ場。まあ童子切も鬼丸を倒してるし、互いに国宝を一人ずつ破った状態とも言える。が、この見せ場のおかげで草介が負けても問題無くなったとも言える。

f:id:balflear0527:20160903000950j:plain

 

・この試合は準決勝である。どうにも解せない。典馬が決勝で頑張る展開なんて万に一つくらいしかないし(天王寺か久世のここでの負けた方が株落ちする)、かといってここで7人目の国宝を出すのも万に一つくらいしかない(ドロー表に国宝として名前が無かった気がする、また天王寺、草介と無敵キャラを二人も出してるのに三人目が出てくるとは考え難い。)。準決勝を事実上の決勝とするのか、決勝は決勝でちゃんとやるのか。ここも楽しみな点の一つだ。

f:id:balflear0527:20160903001002p:plain

・この後に団体戦が控えてる。ダチ高と団体戦の決勝であたるのは確実に鳥取白楼。わざわざ尺とって石高と白楼対策してるのにこれが準決勝だったら拍子抜けだし、なにより白楼はもうすでにメンバーが結構描写されてる。また、栄大付属もキャラが何人かいるのでこれもダチ高と当たるだろう。なので、準決勝栄大付属、決勝白楼はほとんど確定だと思われる。つまりここで火ノ丸は草介、天王寺と再戦が出来る(というかする)のだ。

f:id:balflear0527:20160903011527j:plain

・この大会の次の展開。この大会で終わりとか言ってる人達いるけど、まあ間違いなく全日本編はある。その後、高校二年生編になるのか、大学(というか大相撲)編に進むのか、終わるのか。終わった方が綺麗だとは思うけど、ジャンプのことだしブリーチニセコイが抜けてトリコ銀魂が抜けるから続けそうな気はしている。とはいえまだだいぶ先の話だしね。ただこの先の展開によっていつ火ノ丸が天王寺、草介に勝つのか(特に草介)が変わってくるため、この試合の勝敗を考える上では大切だと思う。
 
スポーツ漫画にありがちな海外編が相撲は出来無いからからなぁ。

 

【バトル面】

こういうタイプの漫画でいままでの試合描写から勝敗を考えてもあまり意味は無いと思うし、天王寺は負け無い相撲しか見せてなくて今回の勝つ相撲に関する描写は無いし、単行本持って無いから草介の相撲がうろ覚えなのでやめときます。

 

【メタ面】

・どちらの展開でも起こること

初めて互角の相手との死闘を経験し、勝った方は自信をつけてさらに、負けた方も初めて/久しぶりの負けを経験し、両方ともさらに強くなる。

 

天王寺勝利の展開

この展開だと、この大会/全日本で火ノ丸とライバル達の物語に決着をつける展開になると思う。

「負け」の大きさは天王寺より草介の方が大きい。なぜなら草介は同世代に負けたことがないし、高校相撲を制して角界入りすると決めていたから。その分負けた時は大きく強くなる。この漫画のライバル枠は草介であり、天王寺ではない。なので、ここでより強くなるはずなのは草介。そう考えるとここは最強対決の裏にライバルの成長回でもあると思う。

また、この展開の方が団体戦へ繋ぎやすい。決勝が白楼である以上最後には天王寺ともう一回戦うだろうし、その時にすでに草介に負けてるとあまり盛り上がらないが、草介を破ってる天王寺との大将戦なら大きく盛り上がると思う。また、栄大付属との試合でも、天王寺に勝った草介を倒すとそこで天王寺を超えた感じが出てしまうが、天王寺に負けた草介とならその感じも無くなる。

 

・草介勝利の展開

この展開だと草介は確実に優勝し角界入りするので、大相撲編を視野に入れることになる。多分ヒカルの碁みたいな展開になると思う。草介が先にプロになり、その後を追う火ノ丸。だから団体戦でも火ノ丸との試合は無くなる可能性が高い。草介との決着は大相撲でつけることになると思う。ただこれだと明確に天王寺との差がついてしまって天王寺の立場が無くなってしまうから団体戦に向けてもう一度天王寺の見せ場シーンが必要になるししかも団体戦決勝で火ノ丸に負けるのは確定だから二連敗で大きく格を下げてしまうことは間違いない。

 

 【予想と希望】

勝つ可能性が高いのは天王寺。75パーセントくらいの確率で天王寺が勝つと思う。やっぱり草介は土の味を知ら無いってのは大きいかな。負けた時にどっちの方が強くなるかを考えるとここは天王寺が勝つ可能性の方が高い。完成されたライバルである天王寺と成長中のライバルである草介なら成長中のライバルの方が負けさせやすいし。どっちが勝つかハーゲンダッツを掛ける勝負には躊躇なく乗れる。けど、、勝って欲しいのは久世。自分的には関西弁で多弁なキャラが最強っていうのはあまり好きじゃ無い(多弁ってほどでもないけど)。相撲なら、寡黙なキャラの方がかっこいいし強いべきだと思う。
 
僕がみた展開予想の中で一番ありそうでしっくりくると思ったのは、ここは天王寺が勝ち→団体戦準決勝の栄大付属との試合で火ノ丸は草介に負けるが他が頑張ってなんとか決勝に進む→団体戦決勝で火ノ丸が天王寺を破って優勝→全日本(高校生以外も出る大会)→草介にリベンジ。これは全日本編で終わる感じの展開だね。ただこの展開からの終わりが綺麗に終わらせられると思う。
 
この漫画のラスボスは対比的に草介なので、ここは草介の強化イベントという展開かな〜。
 
 
まあ来週か再来週には決着つくと思うけどどうなるかね。楽しみだ。
 
てかこういう記事書こうと思ってから書き終わるのが遅すぎてもう来週になっちゃうなぁ。

 

 

 

 

 

実はヴァンジャンスさんの魔法がすごく楽しみだったりする。

 
 

LEVEL5 FAN NIGHT 2016 感想

 
 
 

f:id:balflear0527:20160729141714j:plain

(VISIONの方は抽選落ちました)
 
有明の試合の後、行ってきた。国際展示場<>舞浜間が14分ってのはちょっとびっくりした。あと久々にイクスピアリ行ったけどこんなんだったっけって新鮮な感動を味わった。あと何回行くかわからないけどあの雰囲気はとても良い気分になるね。(ディズニー行きたいけどお金、、、)
 
それでは本題。
 

総評:楽しめた

 今回からビジョンとファンナイトに分けることで、うまくオーディエンスにあったイベントにすることに大きく成功したものだったと思う。ファンにむけてコンテンツがちゃんとそろっていた。新作発表会ではあるがライブありトークショーありと本当にスペシャルイベントだった。業界関係者向けの発表会であるビジョンに対してファンと一緒に楽しむスペシャルイベント、ファンナイトとしっかりと差別化できてたんじゃないか。ビジョンみてないんだけどね。
 ふと思ったけどファン(ファンナイト想定客層)と業界関係者(ビジョン想定聴衆)って包含関係にあるよね。業界関係者ファンっていう。業界関係者がライブやトークショーみても楽しめないけど、ファンは詳細な新作発表を楽しめる。ファンと業界関係者がほぼ同値という説もあるけど。
 試合の後で割と疲れていたけどとても楽しめた。日野社長はじめスタッフやゲストに感謝。
 

5ライトについて

 会場で配られた「5ライト」。5色に変化できる高級サイリウムみたいなやつ。結構な値段しそう。使い捨てじゃないし電池式だし。これが「ファンナイト」を作る大きな要素だった。思いついた人ってか人達だろうけど素晴らしいと思う。まあたぶんコンサートライブから着想を得たんだろうね。(割とこういう系のイベントでは常識だったら恥ずかしい。経験が少ないもので、、、)
 主な使い方は
・会場の人に質問してそれへのアンサーとして答えの色にして振ってもらう。例えば男なら青、女なら赤っていう感じ。実際にこの質問あったけど半々くらいって感じだった。面白かったのは妖怪ウォッチでのクイズコーナー。3,4択クイズで答えの色を振ってもらう形式なんだけど、答えが大きく割れることが
無かった。「ほとんどの人が本当に妖怪ウォッチエキスパートなのか!てか以外とこの年齢層でもみな妖怪ウォッチ詳しいのか!」と思う反面「この中の5パーセントくらい周りに合わせてそうだなー」とか考えちゃったりした。ちなみに僕は一問も分からなかった。
・ライブでのサイリウムとして。やっぱり綺麗だよね。さらにこれは色変えられるからMCが「みんな色変え続けてー」的なこと言った時に次々と色変わっていくのが特に綺麗だった。あと「この曲のテーマカラーはぁーーー赤ーーー」みたなこと言われた時に一斉に赤に変わっていくのが面白かった。色変えられるっていいねー。
 
↓実物

f:id:balflear0527:20160729141504j:plain

↓光らせた

f:id:balflear0527:20160729144005j:plain

イナズマイレブン

 
円堂時代に時間軸を戻すという事前情報はあったがこんな形になるとは。予想の斜めをいく展開だ。ストーリー分岐を作るとは。これはかなり賛否が分かれそうっていうか現状分かれてると思う。
まずこれのメリット。
・設定上のインフレをリセットできる。実際ゲームの中では感じることは少ないがあれとんでもなくインフレしてる。あまりLEVEL5側は気にしてなさそうだが一から必殺技習得してくみたいだし初代の雰囲気をだせてそう。
・ストーリーのマンネリを避けられる。多分このままギャラクシーの続編を出しても似たり寄ったりなストーリー(化身、ミキシマックス、ソウルみたいな新要素だして似たような敵倒して終わり、いやもちろんそれぞれそんな単純じゃないけど)になっていただろう。そこを時間軸を戻すことでうまく回避できそうな感じする。
・いまの妖怪ウォッチ世代の子供達はいままでの話を知らないわけで、そういう子たちも入り込みやすい。雰囲気円堂と豪炎寺以外はちょい役程度の出演になりそうな感じするので、ほぼだいたい新キャラのストーリーとなりいままでの話知る必要がなくなる。
・吹雪兄弟みたいなことができる。
それに対しデメリット。
・2,3のキャラ及びGOでのキャラを出しにくい。また天馬死亡疑惑事件みたいなことが起こる。

・↑によるファン離れ。

 

一見するとメリットの方が大きく見えるが脅威の侵略者以降のキャラが出しずらいのと、それらのキャラや作品のファンはあまりこれを歓迎しないというのは致命的なデメリットだと思う。持論だけど、基本的にもともとがパラレルワールドものでないシリーズに「正史」「◯◯世界」という概念を持ち込むのは危ないと思う。まだまだ初報でどうなってるのかわからないことが多いが、これが黒歴史にならないよう祈る。

 
 
 
 
 

妖怪ウォッチ

これは特に新発表は無く、完全にファンイベントだった。会場の人は7時半〜22時過ぎという時間帯も相まってあまり妖怪ウォッチには詳しくなさそうとか思ってたら結構みんな詳しかったり。あとこんな時間までがんばってきている子供達もちらほらいてすごいなって思った。おそらくここで何も発表がなかったということは今年の年末か来年の春、夏くらいに3のマイナーチェンジ版をだすつもりなんだろう。それを3が発売して間もないいま言っちゃうと3売れないもんねw。少なくともあと2年くらいは4は出なそう。4出るかわかんないけど。妖怪ウォッチが今後ポケモン的な展開をしていくにはどうすればいいのか、そもそもポケモン的展開を目指しているのか、この先が気になるね〜。
実写とアニメの混合映画も結構面白いな〜って思った。
 

その他

レイトン

じつは僕はレイトンシリーズを一回もプレイしたことがない。その上での感想。カトリーちゃん可愛い。あと声優陣めっちゃ豪華だなあとか。社長が言うにはレイトンの壮大な謎解きに対してカトリーは日常の謎解きをメインに据えてるらしいけどそれは良さそうだなぁと思った。

 
スナックワールド

去年の発表からの進化が全くなかった。この辺にレベルファイブの良くないところが垣間見える。スナックと呼ばれるモンスターを呼び出すデバイスが新しく出たくらい。まあ気長に待とう。トークショーで「去年からずっとメドゥーサと戦ってる、来年のビジョンでは戦ってないといいね笑」みたいな会話があった。

 

オトメ勇者

特に言うことはないです。

 

ムサシ

昭和の超合金世代の趣味全開の作品。自分がはまったものをいまの子供達にもという姿勢は良い。ただ感想としてはスマートさが足りないかなぁ。僕はロボット系はコードギアスしか見たことないけど、コードギアスで感じたロボットへのワクワク感が自分には感じれれなかった。やっぱ

・一人一機ではない

・合体して戦う

・あの歌。もちろん面白いとは思うけど。とく海外製の機体では海外の歌とかいうのはおおーって思った。

・技に重点が置かれてる。1話PVを見る上での直感的な予想だと、ピンチの時は新機体では無く新技で乗り気そうな感じがする。

とかあんま自分としては好きになれなそうな感じがした。あとシェルターは見つからないところに隠して作れよw。

 

ファンタジーライフ2

ワンダーフリックの二の舞になる予感してるよー。がんばれー。

 

最後に

最近のレベルファイブスマホ3DSクロスプラットフォームでの発表が多い。故ワンダーフリックもそうだし妖怪ウォッチスナックワールドもレディレイトンもそのようだ。

ファンタジーライフ2スマホで出すという発表があったときはそれをとても悲しく思った。

 

確かにスマホの方がみな触ってる時間は長いし普及台数も段違いだ。

だからといってスマホでこれのゲームを出すのを間違ってると思う。僕にはレベルファイブが自分で自分の首を絞めてるように見える。

 

レベルファイブスマホでのゲームプレイと3DSのゲームプレイの境界をなくそうとしてるがそれだと3DSの個性が食われるだけだ。家庭用ではこういう深いゲームプレイが楽しめる、それに対してスマホではライトなゲームプレイができるという風に家庭用ゲームの価値を作っていかないと。このままだと3DSとVITAの後継機種はもっと厳しくなってしまう。

 

理想的だと僕が思ったのは、妖怪ウォッチとぷにぷにの関係だ。あくまでスマホではこういうライトなミニゲーム系を出していくべきだと思う。

 

なんかこれについてはいつかまとまったら別に書くかも。

 

本当に最後に

FAN NIGHT終わった後、イナイレ2ブリザードを初めてやってた時のことを思い出した。ほんと楽しかったな〜。

 

 

 

 

 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンプ感想について

その一

もろ本誌ネタバレです。単行本派の方はご注意を。たまに単行本の感想もあげるつもりですが(ワートリとかハンタとかは特に)。

その二

まとめサイトTwitterとかで他の人の感想、考察を踏まえた上で書いています。なのでここに載っていることは僕の発見や考察ではなく他所で見たものの受け売りだったりします。

その三

基本的に信者寄りの目線で感想書いています。なので擁護が目立ったり多少甘めになると思いますが許してください。

 

はじめまして

皆さんはじめまして。ここでなんと名乗るか、かなり悩んだんですが、特に名乗らないことにしました。自由に呼んでください。

 

気まぐれで始めてみることにしたんですが、いまいちどういう人に読んで欲しいのかとかがはっきりしません。とりあえずは自由にやりたいと思います。

 

 

ジャンプや映画やゲームの感想がメインになりそうかな、、、

 

ちなみにこだまでしょうか?というのは昔使ってた(今も使ってるけど)3DSの本体に登録してた名前というか最初作ったMiiの名前です。

 

これからよろしくお願いします。