こだまでしょうか?

漫画や映画やゲームの感想や考察

【ワールドトリガー】B級ランク戦ROUND7 考察

お久しぶりです。寒くなってきました。

今週の本誌は全体的に面白い展開ばっかでしたね〜。サンジVSルフィ、蛍くんの害悪戦法(個人的にはなしだと思いました)、一気にイケメン化したオタク宰相、そしてワートリの旧ボーダーショック、、、
満足度高かったです。
 
(追記:気づいたらも次のジャンプ出てましたw)
 
 
今回は楽しみなマッチアップになったワートリのB級ランク戦ROUND7について考えたいと思います。スポーツ漫画なら県大会準決勝みたいな感じですかね。
 

f:id:balflear0527:20161103105422j:plain

 

 

 

果たして本当に遠征部隊に選ばれる(B級2位以内に入る)のか?

f:id:balflear0527:20161103105439j:plain

(上の写真からすでに一試合終わってるのであと二試合です)
 
根本的な話。修達はB級2位以内に入るのか?
ほとんどの人は入ることを疑ってないし、どうやって二宮隊、影浦隊を攻略するのかワクワクしてると思うが、一歩立ち止まって考えたい。
 
まず玉狛第二がB級2位以内に入れなくても、チカ(トリオン要員)、遊真(B級個人選抜、黒トリ所持者)、ヒュース(案内人)として他の3人は遠征に帯同すると考えられる。だから問題は修がついていけるかどうか。
 
修が残ることによるメリット
 
ワールドトリガーの漫画としての世界をストイックにできる、主人公補正の効かない世界だということを強く表現出来る
・残ったボーダー側の動きをより大きく描ける。サブの話としてたまに描くのではなく、同時進行的な形にできる。(これはメリットでもあり、デメリットでもあると思う)
・戦闘時に足手まといにならない。(未知の場所では地力が物言うだろうし。唯我も多分付いてってないよね?)
・ユヅルと千佳、鳩原の絡みが描ける。10000pt越え(おそらく)ということで個人選抜に引っかかる可能性もあるけど。
 
(追記:個人選抜で行く流れですね、、、)
 
修が遠征に行くことのメリット
 
・A級とのランク戦を描ける。(A級+B級1位2位による選抜試験)
・修の他の隊員との様々な絡みを描ける。
・修が遠征の経験を経て大きく実力的にも精神的にも大きく成長する。
 
書いてて思ったけどこれは遠征自体について詳しく判明してない状況ではあまり言えることは少ないな、、本国防衛にも戦力を割かないといけない中、A級からは何部隊連れてくのか、黒トリは何本持っていくのか。R8終了後に詳しく語られると思うけど楽しみだ。

 

各チームについて 

(説明要らないかもしれないけど本誌のみでうろ覚えの方へってことで)

 

玉狛第二(三雲隊)

主人公チーム。

f:id:balflear0527:20161103110236p:plain

三雲修(15) シューター
主人公。そして隊長。単体としては圧倒的に弱い。だけど戦術力が高く戦況をコントロールするのが上手いということになっている。スパイダーを使えるようになって今まで以上に狙われるようになった。
 
空閑遊真(15) アタッカー
主人公。この隊のエース。入隊してから日が浅いためポイントは低いがアタッカーランキング4位~6位相当。
 
雨取千佳(14) スナイパー
主人公。トリオン量が圧倒的だが直接人を打てないため、地形破壊アイビスか鉛玉ライトニングとサポ専。
 
ヒュース(16)  アタッカー(オールラウンダー寄り)
アフトクラトル防衛戦でボーダーが獲得した捕虜。利害が一致したため、加入した新星。弧月だけでもアタッカーランキング6位相当の実力がある上に射撃トリガーも使うことにした。遊真との模擬戦は8-12。
 
 
今までの玉狛第二のコンセプトは、「遊真の無双を千佳と修でサポート」だった。千佳のアイビスで相手を修のワイヤー陣へと追い込み、そこでワイヤーとグラスホッパーによる遊真の機動力と千佳の鉛玉ライトニングで点を取る。修か千佳のどちらかが落ちると成立しない、そして修も千佳も単体だと弱い。いままでは修と千佳が浮いたら(狙われたら)遊真がカバーに入っていた。
 
ただ今回から遊真と同等の戦力であるヒュースが入ったためどうなるか。予想だといままで遊真がこなしていた点取りと修千佳のカバーの内、修千佳のカバーをヒュース、点取りを遊真といった形で分業すると思う。ヒュースのエスクードを見るに。嵐山隊も嵐山が一人で指揮と点取りをしていたのを木虎に点取りをやらせつことで強くなったって言ってたし。

 

鈴鳴第一(来馬隊)

玉狛第二に似てる。

f:id:balflear0527:20161103110954j:plain

来馬辰也(19) ガンナー
隊長。優しい。
 
村上鋼(18) アタッカー
アタッカーランキング4位の強者。12042pt。遊真も勝ち越せてない。弧月とレイガストの二刀流で盾と剣の騎士みたいなスタイル。サイドエフェクト「強化睡眠記憶」ですでに戦ったことのある相手の動きの学習力が高い。
 
別役太一(16) スナイパー
おっちょこちょい。
 
ここも突出したエースががんばる隊。が玉狛第二ほどエース一辺倒ではなく、単体でも頑張っている。来馬と太一は修と千佳よりも単体性能が高く村上も遊真より強いため、R3での戦闘では玉狛第二のほぼ上位互換になっていた(と思った)。上位をキープしているということはR3から何かが変わったのだろう。予想だと(というかR3での太刀川の解説からだと)来馬が一人で格上と渡り合えるようになったんだと思う。太一+来馬で得点できるようになればここかなり強くね!?
 

東隊

育成部隊なのになかなか強い。

f:id:balflear0527:20161103111606j:plain

東春秋(25) スナイパー
ボーダーの重要人物の一人。初めてスナイパーとなり、現在のトップスナイパーは全員この人に教わっている。昔は現在のA級6位、7位、B級1位の隊長を率いてA級1位部隊の隊長もやっていたことがある。戦闘経験、スナイパーとしての実力、戦略眼どれもトップレベルに優秀。対ランバネイン戦では遺憾なくその能力を発揮して撃破へ追い込んだ。ただ東隊としてはコア寺の育成のため駒に徹している。
 
小荒井登(16) アタッカー
前ヅノ持ちで前のめりタイプ。
 
奥寺常幸(16) アタッカー
後ろヅノ持ちで慎重派タイプ。
 
この二人はコア寺と呼ばれるコンビで、単体だとそこまで強くはないが連携のレベルが高く二人で組んで戦う接近戦では格上とも互角以上に戦える。この格上がどこまでかは分からないが、遊真や村上とも互角に戦えると思っている。
 
チームとしてはコア寺の合流→①東さんの射線が通るところまで追い込む②東のサポートでコア寺が点を取る
の二つが基本かな。コア寺は単体でもそれなりには戦えるから合流に失敗しにくしなにより東さんを捕捉して落とすのは至難の技だから安定してチームの型に持ち込めて強いと思う。

 

影浦隊

ヒャッハーをチームでやってる感じ。

f:id:balflear0527:20161103112053p:plain

(↑画質が悪い)
 
影浦雅人(18) アタッカー
村上に勝ち越すレベルのアタッカー。ただ気性が荒く(サイドエフェクトが重い)暴力行為のせいで10000pt減点されているため、ランカーではない。(減点がなければ14780ptで村上より2000pt以上高い)
サイドエフェクト「感情受信体質」により他人から向けられてる感情が肌に刺さる感覚がするらしい。これのおかげでカゲには狙撃をはじめとした不意打ちが通じない。また、マンティスと呼ばれるスコーピオンをしならせる技を使う。そのおかげでアタッカーにしては射程が長い。ちなみに遊真も見真似でこの技を少し使える。試合では作戦を気にせず自由に戦い相手と戦う。
 
 
絵馬ユヅル(14) スナイパー
中学生でトップのポイントを持つスナイパー。緑川が10000pt弱あることを考えると10000pt超えていると思われる。千佳に惚れてる。鉛玉ライトニングを千佳にアドバイスしたのはこいつ。
 
北添尋(18) ガンナー
擲弾銃トリガーを使うため、遠距離へメテオラが撃てる。一応突撃銃トリガーもセットにはあるから接近戦もある程度こなせると思われる。生身だと作中最強クラスらしい。
 
 
ゾエさんがメテオラで場を荒らしたところをカゲが自由に動いて点を取る。R4ではそれが上手く決まっていた。あまり戦術らしきものがなく、各人が自由に戦っている印象。カゲが自由気儘に暴れてるのをユヅルとゾエさんでフォローするのは玉狛第一(第二じゃないよ!)と一緒だけどそれを自覚してやってるかやってないかの違いがあるね。
 
 
 

得点

f:id:balflear0527:20161103112700j:plain

(追記:ユヅルが遠慮せずちゃんと戦う前提の話です。)
 
各所で様々な方が予想なさってるほど深くは考えてない。
現状影浦隊が34pt、玉狛第二が30pt。R7で玉狛がいくら頑張っても2得点、二宮隊や玉狛第二とは別組になるであろうR8では3得点はすると考えると最終的な影浦隊の得点は39pt。玉狛第二は後2戦で10得点以上しなければならない。となると今回は2〜4点+生存点2点で4〜6得点はしたい。もちろん今回の試合で影浦隊の得点を0に抑えられれば、玉狛は2〜3得点でもいいことになる。が現実的に影浦隊の得点を0に抑えるのは不可能だと思う。
今回は
 
玉狛第二が5pt(3pt+生存点)、影浦隊が2pt、東隊が4pt、鈴鳴第一が2pt
玉狛第二が4pt、影浦隊が2pt、東隊が4pt、鈴鳴第一が2pt (全部隊生存点無し)
 
と予想しておく。今回で玉狛と影浦隊の差が2点詰まるのは間違いないでしょー。東さんを落とせれば上、落とせなかったら下かな。

 

フィールド

フィールド選択権は恐らく鈴鳴第一が持つ。(2%くらい東隊)
鈴鳴の強みを生かすフィールドを選ぶか、相手の強みを消すフィールドにするか。
鈴鳴の強みって村上がタイマンならほとんどの相手に勝てるっところだけど今回はカゲがいるから絶対的ではないしなぁ。
というわけで多分他のチームが動きづらいフィールドを選ぶと思います。
 
 
・森林地帯
大本命。R2前にフィールド選択権について言及されたときに出てきたフィールドの中でここだけ唯一まだ選ばれていない。
合流しやすそう。あとスナイパーめっちゃ不利そう。木々で目視できないだろうしそもそもの高台が少なそう。メテオラによる地形破壊も効果が薄そう。つまり東さんと千佳とユヅルとゾエさんを無効かできるかもしれない。十分鈴鳴第一がここを選択するメリットはあるね。
 
・広大な敷地を持つ学校or普通の学校と周り市街地
学校で戦うと本当にサバゲー感出そう。ただ学校での戦いってのはワクワクするよね〜。屋内が多いのがポイントかな〜。(思ったんだけどこれあるなら東隊がR4で市街地Bを選択した意味がわからなくなっちゃう、、)
 
・遊園地
ここでやったら楽しそう。ジェットコースターのレールの上で斬り合うアタッカー陣とか観覧車からの狙撃とか。あとお化け屋敷で東隊のホラー耐性について出せるし。
 
・浜辺
射線きれる障害物がなにもなさそうだからアタッカー不利だね。ありえるとしたら中央が山になった小さめの島フィールドの形式かな。ただスナイパー鉢合わせするよね。

 

 ポイント

・影浦隊をどうやって抑えるか?
(追記:八百長は無し)
今回のランク戦の最大のテーマ。なんだかんだヒュースの加入した玉狛を戦力的に上回っている影浦隊。真面目に影浦隊のこと考えて初めて太刀川隊の強さ分かった気がする。単騎で絶対負けないやついりゃそりゃ負けないわ。他のA級部隊はどうやって太刀川落とそうとしてるんだ?風間隊の連携か当真の瞬間移動かめはめ波的な狙撃でしか落ちない気がする。だから2位3位なんだろうね。
話が逸れた。カゲだけでも厄介なのにゾエさんとユヅルも抑えなきゃいけないというね。特にゾエさんはワイヤー陣に対して最も相性いいし。ゾエさんはメテオラする所を狙撃、ユヅルは遊真のグラホかな。
 
・特にどうやってカゲを抑える、落とすか?
①遊真かヒュースが付きっきり
これだとタイムアップ狙いになるし他の三人で戦っていくにはかなり大変そうだから現実的じゃないかなぁ。
②遊真とヒュースの二人掛かりで一気に落とす
この二人で掛かれば落とせる可能性は高い。ただ、その間に千佳修が耐えられない、遊真とヒュースが連携して戦えるかわからいとこれも未知数。アタッカーの連携って同タイプの戦い方(トリガー構成)じゃないと難しそうだよね。お互いネイバーであることを生かすしかない。
③東さんに落としてもらう
(追記:今週のジャンプで東さんの狙撃はカゲのサイドエフェクトがきかないとの情報が出されたのでこの可能性が高くなった。)
現実的に玉狛の戦力だけでなんとかするのは無理があるので荒船、諏訪戦みたく影浦隊有利の場を作って他の部隊を動かそうって話。
ただフィールド選択権を持たないことと東さんがいることを考えると一筋縄でいかないでしょう。あと影浦隊有利の場ってなんだ?ただ東さんが影浦狙える位置にいる時は多分同時に玉狛の誰かもその位置にいるんだよなぁ。
 
・東さんをどうやって捕捉、落とすか?
玉狛の生存点獲得を阻む壁。東さんがベイルアウトしてる姿は想像できない。至近距離ランバネインから逃げ切ったんだぞこいつ。
:誰かを狙撃した所を遊真がグラスホッパー追跡
:誰かを狙撃した所をユヅルの狙撃
くらいかなぁあるとしたら。どっちも防ぎそうだよね、、。ここは予想しようがないです。葦原先生、楽しみにしてますよ。
 
・ヒュースは初見村上に通用するか?
遊真が初見村上に4-1とリードしてたことを考えると勝てうるけど、葦原先生はそんなアホみたいなキャラの使い方しないだろうからそもそもヒュースと村上のマッチアップの可能性が低い。マッチアップしても、村上の「こいつっ、、」みたなセリフいれてコア寺あたりに乱入されそう。
 
・いままでの戦法は通用するのか?
影浦隊を抑えなきゃいけない以上待ちは使えないし、遊真かヒュースは点取りが出来ない。、、、成立しなくね!?修千佳は逃げに徹した方がいいよなぁ。まあ今回は「点を取る」だけじゃなくて「影浦隊を抑える」ってのもあるからしょうがないね。

 

最終的な予想

開幕後、鈴鳴第一→合流優先 東隊→コア寺で修強襲(グラホ) 影浦隊→メテオラからの好き勝手 玉狛第二→遊真はカゲを抑えに、他は合流
コア寺のどちらかと修との戦闘、そのうちコア寺が揃う
ヒュースが駆けつける、バイパーをうまく使ってコア寺のどちらかを落とす(その間に修は離脱)
東さんの狙撃orゾエさんの適当メテオラでコア寺離脱
カゲ、ユヅルのアシスト込みで遊真を追い込む
そこに合流済鈴鳴が乱入、遊真を落とす
三対二で鈴鳴が押し始めるもメテオラor大砲で場が荒れ、その隙に影浦に来馬が落とされるも置き土産で結構なダメージ、ユヅルも村上の片腕を飛ばす。一同散会。
ユヅルを補足したコア寺(落ちてたら片方)が落とす
ワイヤー陣へのゾエさんメテオラが来る。太一が狙撃するも防がれ、カゲかゾエさんに落とされる。
千佳の大砲でワイヤー陣の残骸に残った人々を集めるも狙っていた東さんに落とされる。
(現時点での残りが村上、カゲ、ゾエさん、東さん、コア寺どちらか、ヒュース、修)
こっからヒュースが修のアシスト込みで頑張って村上とコア寺どちらかとゾエさんを落とす
タイムアップ!

 

まとめと感想

こんなん当たるわけねぇーーー。どっか動かそうとするとどっかが浮いちまう、、。最後の方めっちゃ雑だし。東さんを神格視しすぎてる感もある。予想考えてて思ったのは他の部隊の乱入がないと話すすめられないねってことです。あとスナイパー使えば適当に落としちゃいまいたってできちゃう。点数のこと考えるとわけわからなくなるな。この予想は玉狛の動きが地味すぎるから現実味が、、。
 
あとどこまでが18巻の範囲なんだろう。17巻の表紙は生駒だろうが問題は18、19。村上も東さんもカゲも多分このあとも結構見せ場あるんだよなぁ。なんとなく20巻の表紙は玉狛第二になる気がしてる。
 
ちなみに解説に草壁さんが来そうな予感がしてる。草壁さんと荒船と予想しておく。
 
 
 
 
ここまで読んでくださった方はありがとうございます。楽しみですね〜。